個人情報について
HOME > 個人情報について

個人情報の取扱いについて

鶴見台病院個人情報に関する取り扱いについて
当院では、原則として、個人情報を患者様や利用者様の診療と病院運営管理の範囲のみで収集・利用し、研究目的などで個人情報を特定できる情報は利用いたしません。
診療及び病院運営管理上必要な臨床検査及び保険請求等で、個人情報を外部に知らせることがありますが、内部規定に従い信頼のおける業者と契約を交わすなど不正に利用されないように努めます。
患者様への医療提供のために通常必要な利用目的の範囲は次の通りです。 (1)他の医療機関等との連携を図ること
(2)外部の医師等の意見や助言を求めること
(3)他の医療機関等からの照会があった場合にこれに応じること
(4)家族等への病状の説明を行うこと
患者様や利用者様が個人情報の開示や訂正等を希望される場合は、個人情報保護窓口(責任者事務長)や院長、師長までご相談下さい。
個人情報の提供を拒否される場合は、個人情報保護窓口(責任者事務長)や院長、師長まで申し出下さい。なお、その際には診療に制限が生じますのでご了承下さい。

診療情報の開示の提供を希望する方へお願い
 診療情報の提供は、患者様が病気と診療の内容を十分に理解し、医療従事者と相互に信頼関係を保ちながら、協同して病気を克服することを目的にしています。この診療情報提供に関しては原則として日本医師会が定めた『診療情報の提供に関する指針』に則しています。しかし、精神科ではとくに個人のプライバシーに関する情報や第三者からの情報も多く、その運用において厳しい配慮が要求されますので、以下のような条件のもとで診療情報の提供をさせていただきますので、ご理解下さい。

診療情報の提供を求めることのできる方は原則として次のとおりといたします (1)患者様本人
(2)患者様本人から代理権を与えられた親族
(3)法定代理人、任意後見人
(4)患者様が成人で判断能力に疑義がある場合は、現実に患者様の世話をしている親族およびこれに準ずる縁故者
 なお、患者様が転医するときや、後日において転医先の医師から提供の要請があった場合には、患者様の同意を得た上で診療情報を提供します。

診療情報の提供の方法
 口頭による説明、説明文書や要約書の交付、診療記録等の開示(閲覧、謄写)等、具体的状況に則した適切な方法で行います。

次のような場合には、診療情報の提供、診療記録等の開示の全部または一部をお断りさせていただきます。
(1) 診療情報の提供が、患者様本人の心身の状況を著しく損なうおそれあるとき
(2) 対象となる診療情報の提供が、第三者の利益を害するおそれあるとき
(3) 医療関係者の主観的評価・感想・思考過程などの評価観察情報が、患者様との信頼関係を著しく損なうおそれがあるとき
(4) 上記(1)(2)(3)のほか、診療情報の提供が不適当とするに相当の事由があるとき

遺族に対する診療情報の提供
 ご遺族の申し出に対して死亡に至るまでの診療経過、死亡原因などについての診療情報を提供いたします。また、診療記録等の開示を求めることができるのは法定相続人とします。何れの場合にも、上記3および死者の尊厳に十分配慮した提供をいたします。

診療情報の提供の請求手続きは必ず書面で行って下さい。
 鶴見台病院が定めた書式に従って、病院管理者に申し出て下さい。診療情報の提供のために要する費用はすべて請求者の実費負担となります。提供の可否はできるだけ速やかに決定し、日時、場所、方法などは追ってお知らせいたします。

当院はできる限りの診療情報提供に努めています。ご不明の点は院長、医師、事務長、師長等にお尋ね下さい。
 お互いに情報を共有し、より良い信頼関係のもとで治療ができることを心から念願しています。なお、診療情報提供についてご不満ある場合には、大分県医師会内に苦情受付窓口および苦情処理機関が設置されておりますので、お申し出下さい。

鶴見台病院管理者(院長)  山本正史

(平成28年1月現在)

copyrights
医療法人 哲世会 鶴見台病院
〒874-0838 大分県別府市鶴見4075-4
TEL 0977-22-0336(代表)/ FAX 0977-26-4081