鶴見台病院ご案内
鶴見台病院概要
基本理念・基本方針
山本理事長紹介
医師・各部門責任者紹介
アクセスマップ
HOME > 鶴見台病院ご案内 > 鶴見台病院概要

鶴見台病院概要

 鶴見台病院は、人口12万1千人の温泉リゾート都市大分県別府市の山手、鶴見荘園地区にあり、故山本哲次郎が昭和36年同じ市内にある山本病院の分院として設立したものです。昭和54年に経営分離し、昭和59年山本紘世が院長となり、昭和63年医療法人化し、外来・管理部門、デイケア棟を新築して病床数を165床に増床し、精神科デイケア(大規模)を開始しました。
 平成2年、鶴見台病院創立30周年を記念して『鶴見台病院精神医療マニュアル(第1版)』を刊行し、従来の各部門毎の症例検討会を一つにまとめ、医師、看護師、精神保健福祉士、臨床心理士、看護補助者などが一堂に会して、病棟症例カンファランスをもつようにしました。また、年2回全職員参加による精神医療研修会を開催しています。
 平成23年5月に南館新築工事を終え、現在、40床の15:1入院基本料(看護師比率70%以上)、看護補助6対1の精神病棟と精神療養病棟(合計120床)で構成される定床数160床の単科の精神科病院です。疾患別在院患者数は、統合失調症77%,気分障害13%、精神作用物質による精神障害6%、神経症圏1%で、統合失調症が中心で、入院期間別では1年以上入院が68%を占めています。現在、精神科作業療法や入院生活技能訓練療法(SST)を積極的に組み入れて長期入院の患者様が地域で生活できるように移行支援を行い精神科地域移行実施加算を算定しています。
 社会復帰活動として平成17年10月から開設したグループホームと精神科デイケア、訪問看護、入院生活技能訓練療法を取り入れて、地域の社会復帰施設とも連携しています。平成15年4月日本医療機能評価機構の認定を受け、『精神科病院らしくない専門病院』にするため、『安全と信頼』の理念のもと一同努力しています。なお、平成29年1月より地域活動支援センター「カフェ・マインドつるみ台」を開設し、精神障害者等の皆様の地域生活の支援を行っています。



概  要
1. 名 称  鶴見台病院
所在地  〒874-0838大分県別府市大字鶴見4075番地の4
開設者  医療法人哲世会(理事長 山本紘世)
管理者  院長 山本正史
電 話  0977-22-0336 / FAX:0977-26-4081
2. 敷地、建物の概要
敷地面積  10,066m2(3,045坪)
建物面積  2,788.21m2(844.9坪)
延床面積  8,416.99m2(2,550.6坪)
3. 許可事項
病床数 160床(精神保健福祉法指定病床数 7床)
診療科目 精神科、内科、心療内科
基準関係 15:1入院基本料(看護師比率70%以上加算)
看護補助加算1( 6対1 )−−−−−(40床)
精神療養病棟 60床×2病棟−−−(120床)
精神科デイケア・ショートケア(大規模)
医療保護入院等診療料、精神科身体合併症管理加算
精神科作業療法、精神科地域移行実施加算
医療安全対策加算2、重度アルコール依存症入院医療加算
薬剤管理指導料、精神科応急入院施設管理加算
精神療養病棟入院料重症者加算1
4. 病棟構成
本 館 2 階   60床  精神療養病棟(開放)男女混合
本 館 3 階  60床 精神療養病棟(閉鎖)男女混合
南   館 40床 精神病棟、男女混合開放及び閉鎖病棟
東   館 精神科作業療法室
南 館 外 来
精神科デイケア棟
5. 付帯施設
地域活動支援センター(カフェ・マインドつるみ台)
共同生活援助事業所(グループホームつるみ台)
6. 職員数
医師   常勤 4名(指定医4名) 非常勤13名
看護師 48名
准看護師 15名
看護補助者 17名
精神保健福祉士等 9名
臨床心理 4名
作業療法士 4名
薬剤師 2名  非常勤 2名
管理栄養士 3名
栄養士 1名
その他 35名  合計 157名 
7. 実習教育関連学校
別府市医師会看護専門学院、大分県立看護科学大学、別府大学文学部人間関係学科、大分大学教育学部人文学科、明豊高等学校専攻科、別府溝部学園高等学校看護科、土佐リハビリテーションカレッジ、大分リハビリテーション専門学校

8. 研修施設
臨床研修病院(協力型) 新別府病院・大分県立病院
日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設
日本老年精神医学会認定施設

(平成29年11月現在)
copyrights
医療法人 哲世会 鶴見台病院
〒874-0838 大分県別府市鶴見4075-4
TEL 0977-22-0336(代表)/ FAX 0977-26-4081